第13回 ロースとチキン?

2012年2月25日放送

若返るクイーンの
ローストチキン



今日もどうぞよろしくおねがいします。さて、今回は2月最後の放送ですね。次回はもう3月。ということはもうすぐ春ですね~。この寒い冬の間、みなさんの心と体を温めて、しあわせ~になってもらおうって(頑張って来ました)スタートした「ひなレシピ」も、気が付いたらもう3カ月たっちゃったんですね。(その間に、わたしのお誕生日があって、クリスマスや、お正月も節分もありましたね。)そこで、みなさんにしあわせになってもらっているかどうか確かめようと(思って)、先日、町ですれ違ったご婦人に「感想はどうですか?」って聞いてみたんですね。そしたら、「そうねえ、お肌もカサカサ、唇とかひび割れして、静電気とか起こったりして困るわ。やっぱり・場だから乾燥してるわねえ~」って言われまして、いや、その「カンソウ」じゃなくて「しあわせ・かんたん・ひなレシピっ」の「感想」を、って言おうとしたんですけど、(「あなたお肌きれいね~」)「ねえ、どうしたら肌ピチピチになるかしら?」って聞かれたんで、「はい、今度のひなレシピの放送を聞いてください」って答えておきました。
というわけで、なりゆきで、今日は「お肌ピチピチ若返りひなレシピ!」をやってみます。・・・ってそんなの無いんで困ってたんですけど・・・そういえば、中世のお話で、ハンガリーの女王様が、ローズマリーオイルを日々塗り込んで、70代で若い王子様と結婚したというのがあったんです。それじゃ、鳥のお肌にハーブを塗り塗りするレシピにしようってことで、今日は、ピアニストの(女王菊間あき子先生に聞いた、華やかローストチキンのレシピをご紹介します!パチパチパチ。 えっ、塗り塗りはいいけど、どうしてまた鳥かって?だって)今日は二月最後の放送、二月の「トリ」ですからね。はい。
ではさっそく、丸鳥さんをお近くのスーパーで捕まえてきましょう。あ、ちゃんとお金払ってくださいね。お近くのスーパーに丸鶏がなかったら、遠くのスーパーでもいいです、手に入れてくださいね。で、その丸鳥さんを奇麗に洗います。お腹の中の脂は切り捨てて、洗ったらふきふきしましょうね。
そしたら、塩、黒こしょ椒、ハーブはローズマリー、タイム、セージなどを内側、外側に刷り込みます。このとき、歌なんか歌いながらすりすりするといいですよ~。♪ローズマリーが来たならおセージはいらない。タイムアウトだよ~ って、歌ってたら喋れませんね~。(タイムは、子供が大好きな香りなんだそうです。あとセージは浄化作用もあるので、私も時々セージの葉っぱを燃やしてお香変わりにしてます。ま、いいや。)
それで、鳥さんにお塩をしっかりもみ込んで15分、できれば2時間くらい置いてから焼くと、柔らかくてジューシーになるんですよね。
ところで、肌ピチピチといえばコラーゲン。コラーゲンと言えば軟骨。鳥さんの軟骨ってどこにあるかご存知ですか?一つはお腹の真ん中にある白いとがった部分「やげん」というのですが、塩焼きや唐揚げにしても美味しい軟骨です。また、膝関節にも「げんこつ」と呼ばれるつるつるした軟骨があります。鳥さんのげんこつって、膝にあるんですね。喧嘩強そうですね。
そして、鳥さんのお尻からバターライスを詰めていきます。詰めるライスは、当然「つや姫」鳥さんの出汁をたっぷり含んでとてもジューシーで美味しくなります!あとは、竹串やタコ糸でお尻を縫って、鳥さんには、刷毛を使ってオリーブオイルを塗ります。今回はバージンオリーブオイルのレモンフレーバーを塗ります。レモンオイルはお肉の臭みを取り除く作用もあるんですって。
あっ!お花詰めるの忘れてたチキンの中からたくさんのお花が出て来たら奇麗だな〜!飛び出す絵本みたいだな~!ってことで、ライスといっしょに食用花を入れます。食用花って30種類くらいあるんですけど、ざっとどんな花があるかというとペンタス・ラベンダー・デージー・ベゴニア・
パンジー・ビオラ・アリッサム・ノースポール・ジュリアン、ヒャクニチソウ・マリーゴールド・ペチュニア・バーベナ・インパチェンス・ニチニチソウ・メランポジウム・ミニヒマワリ・イソトマ・ナイターチューム・トレニア・バジル・ゴーヤ・アサガオ・ニラ・サルビア・ヒョウタン 、キンギョソウ・ナデシコ・カレンジュラ・プリムラ・ポリアンサス・・サイネリア(←全部言いましょう。早口で)とかなんですけど、お野菜に引けを取らず、栄養もたっぷりなんですよ。ライスと一緒に混ぜれば、色あせずに綺麗なんです。つや姫、お花で飾られてしあわせ~ですね。(SE
)あ、きみちゃん!いらっしゃ・・・あれ、どこ行くの?ま、いいや時間ないし。
それで、オーブンは(250℃に余熱し、)230℃で30分。鳥さん横にして13分くらい様子を見ながら焼いて、また反対にして13分くらいローストします。きみちゃん何してるの?ローストした時に出て来る肉汁が透明なら大丈夫。(赤みがかっていたらまだ半焼です。)鳥さんの焼き時間というのは、重さに比例しているんだそうで。1キロの鳥さんなら1時間が目安なんですね!きみちゃん何してるの?で、焼けたお肉は、肉汁と白ワインと片栗粉でとろみをつけたグルービーソースでいただきます。おろしニンニクとレモン汁でも美味しいですよ!で、きみちゃん何してるの?
「若返る為にローズマリーオイル塗り込んでるの。自分に」
ということで、カオルさん、・・・カンソウ、いかがですか?



【精米】[数量限定] 山形県産 特別栽培米 白米 つや姫 5kg 平成23年度産【精米】[数量限定] 山形県産 特別栽培米 白米 つや姫 5kg 平成23年度産
(2011/11/04)
木徳神糧

商品詳細を見る
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

MushRoom

Author:MushRoom
いずみひな
(女優・ひとり芝居家)
しあわせ・かんたん・ひなレシピっ! のプレゼンテーターです。

photo(c)Tomoko Kosugi

最新記事
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
最新コメント
RSSリンクの表示