復活のデビル・エッグ!

2013年5月4日 17:00 OA分 FM世田谷 83.4Mhz 
「脇本カオルのMusicTrainExpress] 
しあわせ・かんたん・ひなレシピっ! リターンズ!
devilegg.jpg
みなさん、こんばんは~。いずみひなです。お元気でしたか?一年ぶりの「ひなレシピ」、はい、元気に帰ってきました!とっても長い間お待たせしてしまいましたね。きっとみなさん、首を長~く長~く長~くして、もうキリンさんみたいに首が長~くなってしまっちゃったんじゃないかと心配していたんです。でもね、首が長いと美人に見えるんだそうで、やっぱりお待たせしていてもちゃんと幸せ~にするのがひなレ…
えっ? 待ってない?あ、そうですか・・・。はは…はい?わたし?誰だって?…あの…ですから、いずみひな。女優で、一人芝居なんかやってて、山形観光親善大使で…。一年前にここで「幸せ~で簡単な、ひなレシピ」ってのを16回もやっててね、「バンバンジーでバンジージャンプ!」から始まって「タッカンマリ~」とか、「憎々しい肉蕎麦~」とか評判良くって・・、世界中の一部の地域の方に割と人気があったりしたんですけど・・・。はあ、覚えてない?あ、そうですか。あれ、おかしいな・・私忘れられた女?(カオルさん宣伝忘れてたのかな…)ま、いいや。とにかく今日は一年ぶり帰ってきた「ひなレシピ」なんです。相変わらず、みなさんのお腹も心も幸せ~にする、ちょっと おかしな「ひなレシピ」。すぐ覚えられますからしっかり聞いてくださいね。いちど覚えたら、忘れないでくださいね、わたしのことも…。

はい。ということで、一年間のかさぶたでした。かさぶた・・・そう、道で転んじゃって足を擦りむいて血がわーっと出てほっといたらすぐに固まっちゃって、私ってわりと新陳代謝いいのね~なんておもいながら、ちょっとひっ掻いてみたらポロっと取れちゃって、気持ちいいから癖になっちゃって~って、はい、かさぶたじゃないですね…。一年間のごぶさたでした。改めまして、いずみひな。一年たっても「ひなはヒナ」。今日も(またひとつ)よろしくお願いします。

12052606.jpg
さて、今日のレシピですけど、このところゴールデンウィークで祝日が続いていますよね。で、今日は5月4日。「みどりの日」なんですね。なんで「緑」かというと、ゴールデンウィークで毎日キンキラキンだと疲れちゃうので、一日だけやさしい緑の一日を入れておこう、ということなんです。と、勝手に信じてるだけなので、みなさんも信じるなら勝手にね。自己責任ね。でも他の人には言わないでくださいね。あなたの将来のためよ。

で、そんな祝日のひなレシピ。一年ぶりの「復活」ということで、世界的な春の祝日といえば西洋の「復活祭」、英語で言うと「イースター・ホリデー」ですよね。そしてイースターと言えば「ゆでたまご」英語でいうと「ボイルド・グランドサン」茹でた孫・・・。殻に可愛い模様やイラストを画いた卵をたっくさん作って、飾り付けたり、隠して探したりするんですね。楽しそうですね。ということで今日のレシピは「ゆでたまご」。はい、まずお鍋に卵を入れて、水を卵の頭がちょっと出るくらい入れて沸騰させて・・・えっ? そんなのレシピじゃない?一年も何やってたんだって? 
ふふ。ところが今日はただのゆでたまごじゃないんですね。これまで、中国、スペイン、トルコ、フランス、アメリカ、山形天童、と世界中のレシピを紹介してきましたからね、今日は復活スペシャル!なんと、ユネスコの世界遺産にも登録されたスペインのサグラダ・ファミリア教会を設計した世界的建築家のアントニオ・ガウディさんがこよなく愛ししたレストランで、100年以上の一度も変わらない伝統のレシピで作られた料理がありまして、そのレシピを忠実に再現したお菓子を世界初、特別に免許皆伝。作ることが許されて、今年見事に発売することに・・・なったらいいなと夢る料理研究家の高田史子先生に、両国行きの電車の中で教わった「ゆでたまご」料理です。はい。

でも本当にとってもスペシャルなんですよ。イースターでたくさんつかった「ゆでたまご」、もちろん、ちゃんと中身も食べるんですけど、毎日たくさん「ゆでたまご」じゃあ、飽きちゃいますよね。そこで、今日のレシピは「デビルエッーッグ!」かわいい卵を、悪魔の卵に変身!見栄えもお味も楽しくバラエティーにしてみます。パチパチパチ。

まず、ゆでたまごを作ります。お孫さんを茹でちゃだめよ、おじいちゃん。明日こどもの日なんだから・・・。で、出来上がった茹で卵。もちろん殻にはいきれいにペイントして楽しんでくださいね。綺麗に絵が画けたら楽しいですよね。でもすぐ割っちゃうんです、せつないですね~。それで殻をむいたゆでたまごを半分に切って、ちゃんと立つように底をちょっと切っておきます。コロンブスさんみたいね。それから、「黄味」だけをボウルに取り出します。このとき、白身の気持ちになって「黄味、どこへ行くんだ!僕は君と離れたくない!」と一人芝居のセリフ入れるのは忘れないでくださいね。一人のときはね。

それで、その黄味ちゃんに、・・・・あっ、そうだ、いつものお友達のキミちゃんが今日は来てないですね。おかしいな、どうしたんだろ。ま、いいや。で、そのとり出した黄身にマヨネーズ、キビ砂糖、檸檬、岩塩、パセリ、アメリカンレリッシュ、などなどを加えて、よ~く混ぜます。それを絞り袋に入れて、白身のぽっかり空いた穴に詰めていきます。最後に上からパプリカを振って、ほら出来上がり~。
とっても簡単で、きれいで、美味しそうで、幸せそうでしょう~。 これね、大人の人のパーティーとかなら、パプリカの代わりにスパイスのチリペパーを振ったり、和風に一味でも合うんです。それから、混ぜる材料も技美を加えたり、パセリの代わりに大葉のみじん切りをつかったり、トッピングにいくらとか、キャビアとか乗せてキャー贅沢!とか、カレーを混ぜてインド風とか、中にウズラの卵を隠してロシア風マトリョーシカ・エッグとか、きれいに飾りつけてみたりとか、楽しんでくださいね。でも、すぐ食べてね、腐るから。せつないですね~。
で、いつものようになんだかよくわからなかった、もう一回、って人は、詳しい作り方は「ひなレシピ」で検索してみてくださいね。ひらがなで「ひな」カタカナで「レシピ」ですよ。間違えないでくださいね。類似品にご注意ね。それじゃあ、今日は。。。

えっ?メールですか?私宛に? だれだろ? あっ、お友達のきみちゃん。何々?今日は黄味を料理するっていうから、怖くて行けなかった。ああー間違いだっては、英語で言えばよかった。ユー・アー・デリシャス! 私って悪魔(デビル)?

NEWS!

12007hina.jpg

フランス演劇出演 
動機xデモ隊+4コント
5月28日~6月2日 両国シアターX

いずみひな予約ページです。下のをクリックしてください。

携帯からの予約はこちらをクリック!





詳細はこちらもごらんください
スポンサーサイト

Le Motif 動機  舞台

12007hina.jpg

フランス演劇出演 
動機xデモ隊+4コント
5月28日~6月2日 両国シアターX

いずみひな予約ページです。下のをクリックしてください。

携帯からの予約はこちらをクリック!





詳細はこちらもごらんください
プロフィール

MushRoom

Author:MushRoom
いずみひな
(女優・ひとり芝居家)
しあわせ・かんたん・ひなレシピっ! のプレゼンテーターです。

photo(c)Tomoko Kosugi

最新記事
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
最新コメント
RSSリンクの表示